理念お問い合わせ

借金に関すること

任意整理/自己破産申立/個人再生手続き/その他交渉業務

detail_s05

こんな方に必要

  • ・いくら返済しても残金が一向に減らない。
  • ・多額の借金を抱えてしまった。
  • ・自宅が不動産競売にかけられる。

など早めの解決が必要です。こういった借金の問題で困っていませんか?
支払えなくなった借金を引直し計算をする事で整理を行い、今後の人生設計、月々の収入により返済可能な金額などから、債務整理の方法を選択する事が出来ます。
一人で悩まずお気軽にご相談ください。

任意整理

裁判所を通さない交渉を行います。
通常は弁護士や司法書士などの専門家に依頼、交渉を行います。
賃金業者からの貸し借りを長く繰り返してきた場合、「引直し計算」で借金が減るだけでなく、借金が無くなったり、過払い金を取り戻せる可能性もあります。
返済してしまった昔の借金でも、「過払い金」を取り戻せる場合もあります。
引き直し計算について

自己破産手続き

任意整理や個人再生のように、将来の収入で返済しようとしても、額が大きく、返済が困難な場合、裁判所に自己破産の申し立てを行う事が可能です。
免責決定が得られると免除できます。
また、破産=財産が無くなる訳ではありません。
自己破産の内容については、事前にご相談ください。

個人再生手続き

任意整理、特定調停などは、引直し計算をしても残ってしまった元金からさらに減額することは、なかなか出来ません。
個人再生は、原則、元金の5分の1まで減額することができます。
元金が100万円以上、500万円未満の場合は、最低100万円は返さなくてはいけません。
減額された元金は3年以内で支払わなければなりません。
※債務者の代理人として債権者との交渉や訴訟ができるのは、法務大臣の認可を受けた司法書士です。(認定司法書士)