引き直し計算について/新城優子司法書士事務所

法律相談/家族信託/会社設立/法人・不動産の登記/相続/裁判所提出書類作成や各種契約書作成など沖縄で行っています

引き直し計算について

グレーゾーン金利について

お金を貸した場合、「利息限定法」という法律に、最高年20%を超える利息は、超えた分については無効となっています。
消費者金融などの貸付け、信販会社のキャッシングなどで、年20%以上~29.2%以下の利率を設定している所が多くあります。
これらの業者について、出資法という法律から、29.2%以上の利率による貸付けが罰せられるからです。
この利息限定法と、出資法の金利の差分に発生するあいまいな部分を「グレーゾーン金利」と呼ぶ事があります。
グレーゾーン金利

引き直し計算

最近の裁判判決では、グレーゾーン金利が無効になる判決が多く出ています。
これまで支払った利息の内、「利息限定法」を超える利息は無効となるとなる事から、過去の取引を「利息限定法」の利率で計算し直す必要があります。
この計算を「引き直し計算」よ言います。

どうなるのか

引き直し計算を行うと、多くの場合、元金が減り、場合によっては元金すら超える支払い(過払い)が判明する事もあります。
また過払いは返してもらうべきものです。
債務整理手続きに戻る